深浅測量ラジコンボート(レンタル・中古販売)クロススタッフ

トップ>よくある質問

よくある質問

 
どうやって深浅測量できるのですか?
GPS、音響測深機、無線機などをこの小型ボートに搭載。
目標座標を入力するだけで、自動操船し深浅測量を行います。
取扱説明書が見てみたい。
RC-S3の取扱説明書をダウンロードしてください。
カタログはありますか?
RC-S2RC-S3をダウンロードしてください。
RC-S2とRC-S3の違いはなんですか?

大きさや走行時間、最大船速度などが違います。
流れの速い河川や深浅測量の範囲の広い場合はRC-S3をお勧めします。

RC-S3 RC-S2
サイズ 全長1200mm 幅350mm 高さ250mm 重量16kg 全長1060mm 幅270mm 高さ250mm 重量13kg
連続走行時間 210分 120分
最大船速 4.5kt 2.8kt
データ取得可能範囲 800m 500m
現場実績が知りたい。
お問合せ下さい。
価格が知りたい、見積書が欲しい。
お見積フォームにご記入ください。価格、見積書を返信させていただきます。
NETIS番号が知りたい。
KK-080050-V
本体の大きさ、重量を教えてください。
RC-S3 全長1200mm 幅350mm 高さ250mm(アンテナ部分除く)
重量12kg(バッテリー搭載時16kg)

RC-S2 全長1060mm 幅270mm 高さ250mm(アンテナ部分除く)
重量9.3kg(バッテリー搭載時13kg)
レンタルの標準装備品を教えてください。
ラジコンボート本体、操船データ取得用ソフトウェア、タフブックPC、
無線LANモデム、アンテナ付きPCボード、ボート操作用プロポ、
専用バッテリー(ボート用2個、基地局用1個)各充電器
バーチェックは必要ですか?
作業規定などよって異なりますが、チェックも兼ねてしていただく方が安心です。
深度が深い場合はこちらの商品もレンタル可能です。
バーチェックの補正計算ソフトはこちら
どれくらいの波高なら測量できますか?
2~3m程度なら問題ありません。
海上でも使用できますか?
波打ち際等砕波する泡かみ等発生する場所では有人ボートと同様に音響測深機は使用できませんが、それ以外の場所なら問題ありません。
GPSの受信方法はなんですか?
SBAS(Hemisphere社A325搭載)です。
データ出力方法はなんですか?
CSV形式です。測量CAD等各社のソフトにコンバート可能です。
サンプルデータはこちら
バッテリーはどれくらい持ちますか?
RC-S3の場合、連続使用時間は210分となっていますが、手動操作や流速、波高によって
使用時間は短くなります。*RC-S2は120分となります。
長時間使いたいので予備のバッテリーは付属しますか?
標準で2個はつけておりますが、それ以上になる場合はオプションとなります。
コンピュータは付属していますか?
操船ソフト、CSVデータ取得ソフトをインストールしたタフブックが付属します。
深浅測量データはどのように保存されますか?
リアルタイムに基地局側のパソコンに保存されます。
保存されたデータは事務所でも再生できます。
搭載されている音響測深機は何素子ですか?
シングルビームです。
測深範囲は何メートルから測れますか?
0.5mから80mの範囲となります。
どのくらいの範囲まで深浅測量ができますか?
RC-S3 の場合、操船可能範囲は800mとなりますが、基地局との通信が30秒以上途絶えた場合、またはバッテリー残量が20%以下になると、電源を入れた場所に戻る自動回避機能を備えています。*RC-S2は500mとなります。
納入指導はしてもらえますか?
有料になりますが、納入指導しております。
初回のお客様には納入指導をされることをお勧めいたします。
解析ソフトはついているのですか?
付属していません。すでにお使いの測量CADソフト等でコンバート可能です。
お持ちで無い場合は市販のソフトをご紹介します。
GPSが受信できないダムや湖、橋の下では使えますか?
GPSが受信できない場合は手動操作になります。
またラジコンボート位置測量は、オプションの自動追尾式トータルステーションをお勧めしております。詳しくはこちらの動画を確認ください。
測線は何本まで登録できますか?
最大128本まで登録可能です。
座標は世界測地系、日本測地系どちらですか?
世界測地系です。1系から19系までの各測地系を選択しXY座標を入力します。
基準杭の座標しかないのですが。
水際杭の座標が当日の水位等で前入力できない場合は当日リモコンボートを基準杭のL側、R側で作った測線上に操船し、そこでリモコンボートで座標を取得し測線を作ります。
測線の途中に中洲、消波ブロック等障害物がある場合の測線の測深はどのように行うのですか?
L側から障害物までで1本、R側から障害物まで1本の測線をそれぞれ作り、始点終点逆転
機能を使ってそれぞれを測深します。
L側、R側を乗り上げないように自律航行で測深したいのですが。
測線の座標を5m程度それぞれ短く作り自律航行をして自律航行終了時に手動操船をして
ぎりぎりまで測り、始点終点を逆転して復路を同様に自律航行させます。
技術提案や創意工夫用の写真やスクリーンショットが欲しいのですがありますか?
こちらからお問い合わせください。
技術提案の文章作成などは、相談に乗ってもらえますか?
はい。技術的なことや機械の仕様など、お気軽にご相談ください。